人生のキャリアアップ役立ち情報サイトbyミチオ

現代の働く会社員に役立つ経済ニュースやキャリアアップコンテンツをお届けして参ります。

不動産投資☆サラリーマンのうちにやるべき最大メリットとは?

f:id:michio0728:20220106162850p:plain

こんにちは!

ビジネスブロガーのミチオです(^_-)-☆

近年不動産投資を始めるサラリーマンが

増えてきました。

実際に私も投資用の不動産を所有して

おりますが皆様は何に魅力を感じて

不動産投資を始めたのでしょうか?

サラリーマンと不動産投資の関係と

不動産投資をやる理由について考えます。

毎月の家賃収入が入る

不動産投資は毎月一定の家賃が入ります。

サラリーマンの強みは給料と

家賃収入両方を得ることができますから

給料を生活費として使用しながら

家賃収入を次の物件の購入資金に

充てることもできます。

不動産は複数持っていると

融資の返済比率が少なくなり

入ってくる収益も上がっていきます。

銀行からの融資が通りやすい

サラリーマンが不動産投資を

始める場合は、ほとんどの方が

金融機関でローンを組みます。

ローンの返済期間は35年が

ほとんどなので継続的に

返済する能力があるか

金融機関がチェックします。

銀行は社会的信用の低い人や

返済能力が無い人にはお金を

貸しませんからサラリーマンであれば

最低限の信頼は確保できます。

不動産投資は本業に影響が出ない

賃貸管理業務をご自身でやらなければ

ほぼ手間がかかりません。

対象の物件を選んで購入した後は

入居者探しや家賃の集金、入金といった

賃貸管理業務を管理会社に

お任せすることができます。

生命保険の代わりになるので安心

投資用のマンションを購入するため

融資を受ける際には団体信用生命保険

加入しなくてはなりません。

団体信用生命保険とは

住宅ローン返済期間中にローン契約者が

死亡または高度障害状態に陥ってしまった場合

残債を保険金により返済する保障制度です。 

f:id:michio0728:20220106162946p:plain

将来老後の年金対策になる

今の時代は自分たちで老後の資金を

確保しなければいけないと言われています。

最近では老後の2,000万円問題の

話もありましたね。

不動産投資は35年ローン完済後に

家賃収入が定期的に入ることで

年金の不足分を補う役割を

果たすと考えられています。

確定申告をすることで節税効果

不動産投資を行うと最初の1〜2年は

節税につながります。

毎月家賃収入が入ってきますが

同時に様々な経費を支払います。

家賃収入を経費が上回ると赤字に

なりますが給与所得から赤字分を引いて

所得金額とすることで節税になる

ということです。

不動産投資はインフレに強い

インフレは物価が上昇することで

相対的にお金の価値が下がる現象。

お金の価値が下がると

今まで買えていたものが

同じ金額では買えなくなります。

 

いくつか特徴とやる理由を

まとめてみましたが

不動産はとても高額商品です。

それ故に悪徳業者も多いのも事実です。

私もいくつか事例を知っていますが

知識がないとわからないものです。

不動産投資セミナーなども含めて

学ぶ場所は沢山ありますから

しっかり知識をつけて考えてみましょう!