人生のキャリアアップ役立ち情報サイトbyミチオ

現代の働く会社員に役立つ経済ニュースやキャリアアップコンテンツをお届けして参ります。

【お小遣い制度廃止!?】結婚生活で旦那のお小遣い事情とは?

f:id:michio0728:20220117203354p:plain

こんにちは!

ビジネスブロガーのミチオです(^_-)-☆

私はまだ結婚していないのでお小遣い制度には

考えたことはないのですが

恐らくそうなるであろうという想定ではいます。

なぜなら彼女がそんな性格だからですw

とはいえ気になる方もいるとは思うので

サラリーマン事情をいくつかまとめて

お伝えできればと思います。

サラリーマンのお小遣い事情は?

まず男女共にお小遣いの目安は

月平均相場は3~4万円ほどと言われています。

正直なところ飲み会や仕事の付き合いでの

支払いを考えるともう少し値上げして欲しい

というのが本音かと思います。

お小遣いに関しては人によって

金銭感覚が違うので判断が難しいですが

その中でも毎月2万円程しかお小遣いが無いと

いう方もいるようです。

最近ではサラリーマンのお小遣いは

年収の1割が平均的な金額だと言われているようですが

お小遣いの平均金額は年収の1割を切っていることが多いようです。

まずは昼食代を見直してみる

昼食代は男性の方ですとガッツリ食べれる

ボリューミーな昼食を求めて

ワンコインでの食事を探していると思います。

月の仕事日数が約20日程として

毎回の昼食代を500円台に抑えたとしても

約1万円程掛かる計算です。

そうなるとお小遣いが

昼食代に消えていくことが

あることでしょう。

おススメは昼食代を抑えるために

お弁当を作って持って行く!

これが一番です。前日に作り置きも

できますから慣れてくると意外に作れます。

f:id:michio0728:20220117203415p:plain

大好きな飲み会や趣味娯楽はどう考える?

飲み会が多い職場とかですとお付き合いで参加したり

趣味によっては出費がかさむものもあります。

交通費や外食もそうですね。

ですが、その中でも決められたお小遣いをどう使うかを

自分で把握していれば、出費を抑えることができます。

どうしても欲しければ収入を増やす、もしくは

出費を軽減するしかないです。

私はお酒の場や趣味娯楽は絶対に不可欠だと

思っているので、そこは全力で楽しむ。

お金が足りないなら頭を使って捻出し

経費を削減する。これに限ります!

夫のお小遣いについての考え方

お小遣いの金額を考えたいときには、

貯蓄したい金額から逆算して決めていくのが

ひとつの方法だと思います。

家庭の事情もありますから

一緒に今後のことを真剣に話しをして

決めていきましょう。

近年では年収も上がりにくい時代です。

そのため本業だけでなく副業を探してみたり

「投資」という分野にもチャレンジしては

いかがでしょうか?

自分が望む未来が本当に欲しければ

今までやってこなかったことに

挑戦してみると良いと思います!