人生のキャリアアップ役立ち情報サイトbyミチオ

現代の働く会社員に役立つ経済ニュースやキャリアアップコンテンツをお届けして参ります。

【転職体験談】経験からわかる転職する理由と思考について!

※画像、肖像モデルについては
著作権フリー画像サイトからイメージに近いものを使用しております。

こんにちは!

ビジネスブロガーのミチオです(^_-)-☆

私が昔経験した転職体験談

筆者自身の転職の事例になりますが

国立大学の理工学部を卒業し

念願かなって大手の一部上場の

企業へ就職できました。 

入社する時は技術開発や基礎研究部門に

配属を希望していて、面接時でも先方は

納得されて採用の暁には其方の部門に

配属されると思っていたのです。 

ところが、実際の配属先は先輩に付いての

技術営業、即ち、セールスエンジニア

ということになり、しかも、半年後には

其の先輩といきなり外国出張を

命じられることになったのです。

私が希望していたのは、ジックリと

落ち着いた雰囲気で技術的な仕事を

したかったのですが、会社にはスッカリ

裏切られた感じになり、結局は

半年足らずで転職を志し、その後は

海外出張の前に退職してしまったのです。

転職を決めて行動した結果

その後は、或る中堅企業の

半導体製造装置関係の会社へ

とりあえず見習社員として入社し

その後は1年後に正社員として

登用されるようになったのです。

転職の最大と理由は、やはり自分の

希望していた職種というか

仕事そのものが全く理想と

異なっていたばかりでなく

英語や外国語も余り達者ではない

のにも関わらず、外国の出張を

命じられたことでした。

勿論、待遇面においても前の給与などと

比較しても下がることはなく、逆に

住居手当などの諸手当てが付くようになって

やや上昇したことも良かったと

思っているのです。

※画像、肖像モデルについては
著作権フリー画像サイトからイメージに近いものを使用しております。

転職についての考え方とは?

さて、一般的な転職について筆者が

考えさせられたのは、転職という

意識が芽生えたら躊躇わず

実行してしまうことでしょう。

転職と言うのは、特に単身の場合は

家族を含める問題ではなくあくまで

自分自身の問題であることです。

又、職場や会社のことに関しも

スケジュール調整や日程が上手く

いかないと思ったら、後へ後へと

ズレが生じて、タイミングを

逸する場合もあります。

よくビジネスにおいてはリスクを

冒してしまう場合がありますが

これは同様に自らの転職活動も

リスク回避は必要であり

転職活動において最大のリスク

といえば、「時間」なのです。

行動する時期の目安は?

一般的にいえることは、企業における

転職活動は1年を通してみた場合

その中でも4月と10月がいいと言われます。

これは、企業の求人は決算月に多いとされ

この時期に入社を視野にいれて

行われることがやや多いとも

言われているのです。

其れに、転職情報誌やネットの

転職サイトには、1~2ヶ月前から

求人広告が出されており

その数も増えているとされているので

始める時期も重要になります。

少しでも転職を考えるのであれば

まずは行動に移してみることが

一番の解決の近道になります。