人生のキャリアアップ役立ち情報サイトbyミチオ

現代の働く会社員に役立つ経済ニュースやキャリアアップコンテンツをお届けして参ります。

保険の見直しで要チェック!がん保険は不要かどうか徹底検証!

※画像、肖像モデルについては
著作権フリー画像サイトからイメージに近いものを使用しております。

こんにちは!

ビジネスブロガーのミチオです(^_-)-☆

 

日本人の癌罹患率は約50%とも言われ

2人に1人ががんになると言われています。

皆さんの周りにも残念ながら

がんで亡くなった方、がんで治療中の方も

いらっしゃると思います。

がんは過去においては不治の病と

言われてきました。

がんになれば100%死ぬ病気と言われるほど

完治が見込めない病気でした。

しかし近年、医学の発達により、がん治療や

がん検査が飛躍的に向上し、がんの生存率が

飛躍的に上昇しました。

がんは早期発見・早期治療する時に

治る病気へと変化してきたのです。

がんを治療するために必要な費用は?

もちろんがんの進行具合や

発生部位によっても治療方法は

様々であり治療費用も千差万別です。

また、日本は健康保険があるので

保険診療であれば自己負担は3割ですし

高額療養費制度のよって1ヶ月の

支払額の上限があるので治療費が

とんでもなく高額になる

ということはありません。

ここまでくると

「じゃあ、がん保険なんていらないじゃん」

と思うかもしれません。

確かに保険診療のみで治療をするのであれば

がん保険は不要だと思います。

※画像、肖像モデルについては
著作権フリー画像サイトからイメージに近いものを使用しております。

進化している医学で可能な治療とは?

先程お伝えしたように、医学の世界は

物凄いスピードで進化しており

新しい治療法・新しい治療薬が

どんどん開発されています。

しかし、残念ながら日本の厚生労働省

新たな治療方法や治療薬を

なかなか保険診療で行える

治療法・治療薬としては認めてくれません。

そのため、厚生労働省が認めていない

治療を受ける場合、保険が使えない

自由診療」にて治療を受ける

必要があります。

この「自由診療」は言わば医師や

病院の自由で診療費を決めて良い

という事になっています。

ですから、たった1錠の薬に100万円の

値段を付けたとしても良いのです。

そうなると自由診療で治療するとなると

一体いくらかかるのかが

全く想像できません。

保険診療自由診療について

日本のはこの「保険診療」と「自由診療

があり、1つの病気に対して

保険診療自由診療を組み合わせた

混合診療」をすることが

禁じられています。

しかし例外的に保険診療に含まれていない

治療方法を「先進治療」認定し

この「先進医療」に限っては保険診療

混同して治療を行なっても良い

とされています。

出来ることなら最先端の治療を受けたい。

けど保険診療では認められていない治療が

ほとんどだし、自由診療を受けるには

費用が心配という方が多いと思います。

ですから、万一の時に保険診療のみではなく

高額な治療である「先進医療」で治療を

するためにもがん保険が必要だと思います。

ぜひ、この機会に「先進治療」について

調べてみてくださいね!