人生のキャリアアップ役立ち情報サイトbyミチオ

現代の働く会社員に役立つ経済ニュースやキャリアアップコンテンツをお届けして参ります。

不動産投資信託=REITとは?不動産を対象にした不動産投信

※画像、肖像モデルについては
著作権フリー画像サイトからイメージに近いものを使用しております。

こんにちは!

ビジネスブロガーのミチオです(^_-)-☆

不動産投資信託REITについて

父の話を交えてお伝えします。

REITという不動産投信とは?

昨今の超低金利時代に

お金や資金を上手に運用するのは

実際のところは中々至難だと

言えるかもしれません。

そんな中の一つの手段として

比較的金利が高い商品に

投資信託というのがあります。

特に年間を通して分配率が

高い金融商品の一種に

不動産関係があります。 

REAL ESTATE INVESTMENT TRUST

不動産投資信託)の略になり

不動産関係を専門に投資する

ことであり業務としている会社のことです。

不動産投資信託でも国内を専門に

取り扱うことをJ-REITファンドとも

言っていますが多勢の投資家から

集めた資金で大型ビルの建設や運営

オフィスビルや商業施設、マンション)

など複数の不動産物件を扱っていて

その売買益や賃貸収入、運用益などを

投資家に分配するという仕組みであり

此等の金融商品を指すことになります。

J-REITというのは投資信託

専門企業(法人)になりますので

会社として株式化もしており

証券取引所に上場されているので

J-REIT関係の会社の株価なども

新聞紙上の株式欄に記載してあります。

父は不動産投資信託を実施

父は退職して数年になりますが

近年のこのような低金利時代に退職金を

どのように運用するというのは

非常に思案する所でもあります。

そんなことで外国の債券を買ったり

国内の株式を購入投資しました。

そんな状態の中で最近では

不動産価格の上昇が見られ

東京オリンピックも終わって

一応は落ち着いた感はありますが

不動産関係においては今後も

大いに期待が持てそうですね。

※画像、肖像モデルについては
著作権フリー画像サイトからイメージに近いものを使用しております。

そんなことで現在、我が家の株も

不動産関連の金融商品に投資をして

期待をしているところですが

そんな中で不動産投資信託REIT

に投資をしています。

現在、その投資信託については

利回りでも4から6%を維持していて

通常の流通金利よりは比較にならないほどの

高い状態で推移しているのも

見逃せないところです。

 

不動産投資会社は普通の企業が

株式を発行するように不動産投資証券

(商品名として不動産投信J-REITと呼ばれる)

を発行して投資家から資金を集め

投資家は投資証券の口数に応じて

主として不動産投資会社が保有する

不動産から得られる賃料や売買の収入を

元に利益を出した分を投資家に

分配をする仕組みです。

勿論、証券は会社が証券取引所

上場していますので株式証券と同様に

売買できることになっています。

 

またREITファンドは年に2回決算を

行いますが決算が行われる時には投資家に

対して分配金(株式の配当金と同じ)

が支払われます。

東京ではオリンピックの時期に合わせて

ビルや施設、それに開発マンションなどの

建設ラッシュが終わった後も

好況が続いておりますが

それだけに不増産業界は活況を

呈しているといえます。

従って、不動産の直接投資

またはREITファンド等の投資による

分配率もかなり高くなる

傾向があるとも言われております。