人生のキャリアアップ役立ち情報サイトbyミチオ

現代の働く会社員に役立つ経済ニュースやキャリアアップコンテンツをお届けして参ります。

生命保険の理解力はどのくらいある?保険の特徴を簡単解説!

f:id:michio0728:20220101171524p:plain

こんにちは!

ビジネスブロガーのミチオです(^_-)-☆

日本人のほとんどの人が加入している

保険について考えていきましょう。

 

生命保険は例年8割以上の人が

加入していると言われています。

生命保険文化センターの調査)

ですが生命保険になぜ加入しているのか

いまいちわからない人も

多いのではないでしょうか?

「保険の担当者に言われたから」

「昔から入っているから」

などで加入している方も多いと思います。

【生命保険】は本当に必要なのか?

日本は公的保障が充実している

病気やケガで医療費がかかるとは思いますが

公的医療保険に加入していることで

医療費の3割以下の自己負担で済むなど

公的保険の恩恵ってかなり大きいです。

死亡保障に関しても配偶者に

扶養されている人は配偶者が亡くなった時に

遺族年金を受け取れます。

貯蓄があれば十分

生命保険に加入しても保険を利用するのは

万が一の時の保険料の負担を

カバーすることです。

そのため負担をカバーできるくらいの

資金があれば必要ないのかもしれません。

保険を利用する機会がほぼない

死亡保険に加入していてもその間に

万が一なことが無ければ保険金を

受け取る機会はほぼないでしょう。

掛け捨て保険だとしても支払った保険料は

戻ってきませんから

「無駄なお金を支払ってしまった」

と感じてしまうのではないでしょうか?

保険より他の運用方法の方が効率が良い

金融の世界ではリスクをとらずに

リターンを得ることはできません。

金融商品でお金を増やす際も

貯蓄型の生命保険より投資信託などの

積み立ての方がお金が貯まりやすい

かもしれません。

ですが、万が一の時投資信託

そこで積み立てがストップして

終了ですが、保険はその後まとまった

保険金を受け取れます。

そう考えるとリスクを最小限に

抑えられるのではないでしょうか?

f:id:michio0728:20220101171653p:plain

保険で見るべき保障額

①万が一の時に必要な金額

(教育資金、葬式費用など)

②公的保険から受け取れる金額

③今ある貯蓄や金融資産

【生命保険】の最大のメリット

多額になってしまう可能性がある保障額を

「すぐに」準備できる点かと思います。

例えば、必要な資金が500万円だとして

この金額を準備するために月額2万円の保険に

加入すると毎月2万円ずつの貯蓄で

500万円貯めるまでには約10年かかります。

非現実的ですね。

ですが保険であれば給付条件を満たせば

500万円の保険金を受け取ることができます。

保険には様々な特徴がありますが

重要なのは保険は自分に足りない部分を

保証できる程度で良いと思ってます。

その為にもしっかり理解しておきましょう。