人生のキャリアアップ役立ち情報サイトbyミチオ

現代の働く会社員に役立つ経済ニュースやキャリアアップコンテンツをお届けして参ります。

【住宅ローン控除】サラリーマンの特権!マイホーム購入税金還付

f:id:michio0728:20220101010540p:plain

こんにちは!

ビジネスブロガーのミチオです(^_-)-☆

誰もが夢見るマイホームを購入する際

サラリーマンの方であれば誰もが知る必要のある

住宅ローンと住宅ローン控除についてのお話になります。

住宅ローンとは?

自分で住むための住宅購入の際に

銀行などで資金を借りることができる仕組み

住宅ローン控除の仕組み

10年以上のローンを組んで住宅を購入した際に

受けられる税額控除の制度のこと

税額控除されるのはその年のローン残高の1%で

最大40万円を上限に所得税から控除されます。

所得税から控除しきれない場合は

所得税の課税総所得金額の7%を限度に

最大13万6500円が住民税から控除可能となります。

消費税率が10%なので現在の控除期間は13年です。

新築後20年以内、大規模修繕などの条件を満たしていれば

中古住宅の購入やリフォームをする際にも

住宅ローン控除が適用されます。

住宅の購入には高額な費用がかかるので

10~13年ほど税額控除が受けられる

この制度を利用していきたいですよね!

ただし住宅ローン控除の初年度は確定申告が

必要になるので注意が必要です。

【住宅ローン控除】を受けるための条件

・控除を受ける本人が住んでいる

→ただし家を購入した日から6ヶ月以内かつ

控除を受ける年の12月31日まで住んでいる

・床面積が50㎡以上、1/2以上を居住スペースとして使用している

・住宅ローンの返済期間を10年以上で組んでいる

・給与所得やその他の所得の合計が3,000万円以下である

f:id:michio0728:20220101010752p:plain

【住宅ローン控除】に必要な確定申告とは?

1月1日~12月31日の1年間の所得を申告し納税

または多く収めた所得税を還付申告するための申告書です。

収入を得ている人すべてが確定申告の対象ですが

サラリーマンは会社を通して税金を支払っているため

「年末調整」で申告手続きしているので基本必要ありません。

住宅ローン控除の補足ポイントと注意点

・借り換えをしても控除が受けられる

ふるさと納税をしているとメリットが減る可能性がある

控除率0.7%に引き下げへ 新築のみ13年に延長

→「年間の合計所得が3千万円以下」は「2千万円以下」と変更。

この新しい制度は22年以降の入居者が対象となるので

購入を検討されるのであれば2022年中に住める状態を

作れるように早めに動いていきましょう。